読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡易実験場

徒然なるままに

今日となりには君がいない。の感想

ラノベ

 

 今日となりには君がいない。(著:清水苺 / 講談社ラノベ文庫

f:id:T_mnk13:20160724005657j:plain

朝霧凛。他人とふれあうことを拒んで、壁を作って、誰も寄せ付けなくて──

けれど、心の底では確かにぬくもりを求めていた、美しい黒髪の少女。

そんな彼女に僕が一目惚れをしたときから、この物語は始まった。

だけど、彼女が初めて僕に笑いかけてくれた日──僕は全てを失った。

まばゆい笑顔だけを残して、彼女は僕の前からその姿を消してしまったのだ。

そして同時に、凛に関する記憶だけが、ぽっかりと穴が開いたように、

周囲の人々の中から消えてしまう。

──それから二年。

忘れられた少女の記憶を胸に高二になった僕の前に、ひとりの転校生がやってくる。

彼女は自らのことを、朝霧凜だと語り……!?

少しズレていたり、天然だったりしてニヤニヤできるし、ヒロインの可愛さとしては問題ないけれど、設定の病気についてはもう少し掘り下げるというか、触れてほしかったなあ。ストーリーにも言えることだけれど、粗いなあと感じることは度々あったので。ただ、読んでいて嫌ではない作品なのでその点はあしからず。

評価:C