読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡易実験場

徒然なるままに

わたしの魔術コンサルタント 感想

わたしの魔術コンサルタント(羽場楽人 / 電撃文庫

f:id:T_mnk13:20170111172351j:plain

魔術をつかう人に希望を見つける――それこそがかつて師を救えず、己の魔術を失った過去を持つ魔術士・黒瀬秀春が再び立ち上がった理由だった。

「お父さん会いたかった!」 

 東京の片隅、薄汚れた古い雑居ビルで魔術コンサルタントを営み、魔術に悩める人々のために奔走する日々のなか、秀春を父親だと勘違いした、かつての師の娘・朝倉ヒナコは現れた。

「魔術は、唯一のつながりなんです」

 魔術の才に愛されながらも、魔術によって家族を奪われた少女ヒナコ。

「奇跡に見合う努力はしてきた」

 絶望と喪失の果て、秀春だけが見つけ出した可能性という新たな未来。

 東京で出会った二人が織り成す魔術と居場所の物語。

 久しぶりの感覚。タイトルが好みで博打のつもりで買ったが、当たりも当たり大当たり。スティールを唱えたら女の子の下着が手に入ったレベル。科学と並び立つように魔術が発展したのであろう。魔法学校どころか国家公務員に至るまで魔術師は地位を確立している。二転三転と意表を突くように展開する物語に舌を巻きつつも、時折覗かせる実にラノベらしい描写には心を和ませる。細部まで詰めているのではないだろうか。世界設定だけでも十分に楽しめそうだ。こういうのは実に好きだ。序盤から、魔術について造詣が深かったり、これだけ魔術が発達した中で一般に認知されていないであろう相手の魔術を阻害する魔術崩しを使ったりと、ただの魔術師崩れではないなと思わせるぶっ壊れている主人公の技量が、魔術を使えないという枷があることでいい塩梅に落ち着いている。立場が弟子から先生となり、かつての師を追う展開も熱い。自信をもっておすすめできる本。続き読みたい。

評価:A