読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡易実験場

徒然なるままに

戦略拠点32098 楽園 感想

戦略拠点32098 楽園(長谷敏司 / 角川スニーカー文庫

f:id:T_mnk13:20160724013056p:plain

楽園と呼ばれる惑星の真実が明らかになった時、恐怖と感動がおそう

6スニーカー大賞金賞受賞千年以上も星間戦争を続ける二大勢力。サイボーグ兵ヴァロアは、敵の超機密惑星「楽園」へ降下する。だが、そこにいたのは、敵方の兵士一人と少女マリアだけだった。期待のSFロマン

 ヴァロアとガダルバ、敵同士であり異なる文化に生きる2人が、間にマリアを挟みながら、力を合わせてヴァロアの帰還のために大型爆撃機を修理する間に起こる人間ドラマが本作の主題だ。戦場への復帰を目指す、体のほとんどを機械化された兵士、無垢な少女、そして戦いを捨て墓守となった敵兵士。楽園で生活する中で蘇ってくる人間性と苦悩、葛藤。190ページ弱と控えめな文章量ながらも密度が非常に大きく、満足感を感じる作品。読んでいる最中、あとがきでもわかるのだが、世界背景が非常にしっかり作りこまれていて、両勢力の思想や文化、また戦法や兵器といったものまで入念に練りこまれている。その上で、敵兵2人が各々の信念を持ち、異文化との交流を果たす。これが意味するところは断絶である。互いへの理解が深まるごとにその間には確かな溝が広がり続けるのだ。なるほど戦争が終わらないわけだ。 

評価:B