読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡易実験場

徒然なるままに

OP-TICKET GAME 感想

ラノベ

OP-TICKET GAME(土橋真二郎 / 電撃文庫

f:id:T_mnk13:20160724011347j:plain

願いが叶うチケットがあるという。それは学校伝統のチケットで、使用者の願いを叶えるのだ。そのチケットを手にすることができるのは男子に限られ、そして願いを叶えるのは同級生の女の子だという。その名は──おっぱいチケット。 ……伝説は本当に存在する。「裏切らない、おっぱいは裏切らない」 「失敗して灰色の生活を送るのは嫌だ」 「出し抜こうと動いている人間がいる」 ──揉むか揉まれるか。《夢と希望》、そして《絶望》が表裏一体となった伝説のゲームが幕を開ける!

 おっぱいとは、そしてパンツとは何かを考えさせられるな。おっぱいは身体と連続しておりその明確な境界はない。ならばおっぱいと呼ばれる部分は実は存在しておらず自らが作り出した空想上の存在なのではないか。この考えをおっぱい哲学と名付けよう。(錯乱)

評価:B